キャッシュレス

キャッシュレス決済の仕組みやカード決済との違いなど分かりやすく比較・解説!

こんにちは、タケルです。今回は、意外と知らないことも多いキャッシュレス決済の仕組みやカード決済との違い、メリット・デメリットなどについて詳しくご紹介します。

キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは現金で支払わない方法で、クレジットカードやQRコード、電子マネーなどを使った支払い方法のことです。

つまり、カード決済でもキャッシュレス決済の対象となるわけです。

なぜキャッシュレス決済を多くの店が使っているの?

近頃、多くのキャッシュレス決済が存在し、多くの店などで取り入れられているのは何故でしょうか。

それは、政府がキャッシュレス決済を推進しているからです。つまり経済産業省が2019年10月の消費税率の引き上げに伴い、消費の落ち込みを抑制するために行っている事業なのです。

政府が推進している事業であるため、消費者や商品を販売する企業、キャッシュレス事業者の双方にとって利益を享受することのできる制度となっています。(現行の制度は2020年6月で終了。2020年9月より始まる新制度についてはこちら

これからは、キャッシュレス決済についてもう少し詳しく見ていくことにします。

キャッシュレス決済は前払い?後払い?

キャッシュレス決済はクレジットカードのように後払いと思っている方も多いのではないでしょうか。キャッシュレス決済には後払いも前払いも、即時払いもあります。利用するカードの種類や同じスマホ決済でも決済方法により、いずれにもなり得ます。

前払い

前払い決済の代表的なものは、プリペイドカードです。
これは、カードに現金でチャージをして使用する電子マネーと呼ばれるカードもこのプリペイドカードの部類です。

例)「WAON」、「nanaco」など

(※交通系の「suica」や「PASMO」も現金チャージで利用すればこれにあたります。しかし、クレジットカードと紐づけてオートチャージを利用すれば、「後払い」になります。)

前払い決済は現金によるチャージが基本なので、金券などと同じ現金に近い感覚で使用できるため、キャッシュレス決済初心者には利用しやすい決済方法と言えます。チャージした金額までしか使用できなので、いつの間にか使い過ぎるということは少ないと思います。

後払い

後払いと言えば、代表的なものはクレジットカード払いです。クレジットカードを直接使用する支払いはもちろんのこと、クレジットカードと紐づけた様々なスマホ決済などの方法も後払いになります。

クレジットカード以外にも「PayPay」「楽天 Pay」などのサービスがこれにあたります。これらの場合、クレジットカードをこれらの決済利用時の支払い方法として登録することで後払いになります。

PayPay(ペイペイ )と一番相性が良いクレジットカードは何?ポイントの ...     楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリ!」をApp Storeで

一方、これらの決済方法は銀行口座を登録して利用前にチャージしたり、現金によりチャージして利用する方法もあるので、実質「前払い」の部類に入る決済方法として利用可能なものもたくさんあります。

つまり、「PayPay」や「楽天Pay」は決済を行う事業者が決済方法に対して付けた名称であって、設定する利用方法によって「前払い」や「後払い」になるものです。

即時払い

即時払いに相当するのが、デビットカードによる支払いです。デビットカードはクレジットカードのように利用できますが、銀行口座から即時に引き落とされるので、直接現金は使用しないですが、現金払いしているのと同じように手元のお金が減っていく形になります。

先程、「後払い」で紹介した「PayPay」や「楽天Pay」などは、紐づけさせるカードにデビットカードを登録できるため、即時払いとしても利用できる決済方法です。

キャッシュレス決済はお得なの?

2020年6月まではキャッシュレス・ポイント還元事業として経済産業省が推進しているため、キャッシュレスでのお買い物に2%もしくは5%のポイント還元があります。

分かりやすく言えば、レストランで家族で1万円のお食事をし、キャッシュレスで支払いをするだけで、ポイント還元率が2%のお店であれば、200円分のポイント還元を受けることが出来ます。(5%のお店であれば500円分)

1か月間のお買い物やお食事代などを全てキャッシュレス決済すれば、還元ポイントはそれなりの額になります。

そのポイントは、後日、利用したキャッシュレス決済事業者(「PayPay」であればPayPay株式会社)から利用者に付与(受取りが必要)されます。

と言いつつも、2020年6月で現行のキャッシュレス・ポイント還元事業が終わり、ポイント還元も終了となってしまうため、残念となってしまいますが、2020年9月からは新制度が始まる予定です。

⇒新制度についてはこちらをご覧ください。

キャッシュレス決済はどれを選べばよいの?

クレジットカードやデビットカードなどで支払いをすれば、キャッシュレス決済となるので、2%還元や5%還元のサービスが受けれます。そのため、わざわざ「PayPay」などのスマホ決済、コード決済などを利用する必要はないでしょう。

しかし、キャッシュレス事業者によっては独自のキャンペーンを行い、ポイント還元率が5%対象の店を増やしたり、クレジットカードと紐づけることでポイントの2重取りができるものもあるなど、クレジットカード単体で支払いをするよりもお得になる可能性が高くなります

では、どのキャッシュレス決済を選べばよいかということですが、一番は普段利用するお店などがどの決済方法を取り入れているかによることになります。普段利用するスーパーやドラッグストアがどのキャッシュレス決済を採用しているかなどです。

つまり、キャッシュレス決済は最も利用する金額が高いお店が採用している方法を利用するのが一番であると思います。その上でポイントの2重取りなどができる決済方法を選択することです。

まとめ

世界に比べたらまだまだ日本のキャッシュレス決済の普及率は、それほど高いものではありません。

利用しない人の中には、”キャッシュレス決済って何だろう?””どのサービスを使えばいいのかわからない”などと言った理由が挙げられると思います。

今、この記事を読んでいただいている方の中にも、もしかしたら上記のような理由でキャッシュレス決済を利用できずにいる方がいるかもしれません。
そんな方々のためにも、少しでもこの記事が役に立つことが出来たらいいなと思っております。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ
マイナポイントってなに?申込方法は?メリット・デメリットを徹底解説!

写真引用元⇒https://www.irasutoya.com/

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください