キャッシュレス

スマホ決済とは?特徴・メリットなど基礎知識を分かりやすく解説!

こんにちは、タケルです。今回は、キャッシュレス決済でも利用方法が多種多様にわたり普及が進んでいるスマホ決済について、基礎的知識を中心に利用方法からメリットまでわかりやすく解説します。

スマホ決済とは?

スマホ決済とは、文字通りスマートフォンを利用した電子マネー決済(支払い)のことです。あらかじめスマートフォンにインストールされた専用の決済アプリを利用します。

そのアプリにクレジットカードや銀行口座などを登録しておくことで、ICカードと同じようにチャージして支払いしたり、QRコードなどを提示して支払いをすることができます。

そのスマホ決済は2種類に分けることが出来ます。

非接触型決済(IC決済)

1つ目は、スマートフォン自体をお店に設置してある端末にかざして読み取り、支払いを行う「非接触型決済」です。suicaカードやnanacoなどのICカードと同じ原理での決済方法になります。

suicaやnanacoはカードにチャージされた金額などの情報が記録されていますが、それをスマートフォンに記録させていると思っていただければわかりやすいでしょうか。

コード決済(QRコード、バーコード)

2つ目は、スマートフォンの画面にQRコードやバーコードを表示させて、お店の機械で読み取って支払いを行う「コード決済」です。

コード決済は、その他にお店が提示するQRコードをスマートフォンで読み取って、会計金額を入力して決済するタイプもあります。

コード決済は「PayPay」や「LINEPay」などの主に名前にPayがついているものが多いです。

利用する前の準備

スマホ決済を利用するための準備は以下の2ステップになります。

①利用する決済方法を決める

数ある決済方法から自分が利用する方法を選ぶ必要があります。この決済方法は決済事業者(決済サービスを提供する会社)が提供するサービスにより、名称やチャージ方法など多種多様です。

銀行口座と連携してチャージするのか、チャージではなくクレジットカードと連携させて後払いができるのかなど、決済方法の種類によって可能な支払い方法も変わってきます。多くのスマホ決済が複数の支払い方法に対応しています。

基本的には、自分の生活圏において、普段利用するスーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアあるいは地元の商店などで利用できるものを選ぶことをオススメします。

②利用する決済方法のアプリをスマホにインストールする

各決済事業者が提供する決済方法にはスマートフォン用アプリがあるので、アプリをダウンロードした後、スマートフォンにインストールし、アプリが要求する事項に登録を行い、決済が使えるようにします。

この登録作業をするときに、アプリによって、銀行口座と連携できるものやクレジットカードを登録できるものやデビットカードが利用できるもの、あるいは複数の方法ができるものなどがあります。

ごく一部のスマホ決済では現金によるチャージも可能です。

お店で利用する方法

①アプリ内にチャージする

チャージして支払いするタイプの決済方法であれば、利用する前にアプリ内にチャージしておきます。チャージ方法はクレジットカードデビットカードなどでチャージする方法、銀行口座からチャージする方法があります。

②会計前(支払い前)にアプリを起動する

お店での会計前(支払い前)にスマートフォンのアプリを起動し、コード決済の場合は、コードを表示させておく。

③スマートフォンを利用して支払いする

お店でのお支払いの時にスマホのアプリを起動させて、「非接触型決済」の場合は、お店の端末にかざしてください。

「コード決済」の場合はコードを読み取ってもらうか、お店から提示されるQRコードを読み取って金額を入力するか、いずれかの操作を行い、支払いするだけです。

スマホ決済(コード決済)ができるお店

利用できるのはもちろんスマホ決済対応のお店です。お店によって、対応しているスマホ決済も異なりますので、注意してください。大手コンビニチェーンは対応している決済方法も多いので利用しやすいです。

スマホ決済ができるお店やサービスは日増しに増えています。おそらく今後も増え続け、現金を持たなくても、ありとあらゆる支払いができる日は遠くないかも知れません。

以下に代表的なコンビニエンスストアやドラッグストア、スーパーで利用可能なスマホ決済(コード決済)を記載しますので、選ぶ際の参考にご利用ください。

非接触型の電子マネーに対応しているスマホ決済は、コード決済と比較すると種類は少なく限定的になるため、ここでの紹介は省略します。

コンビニエンスストア

大手コンビニエンスストアで利用可能な主なコード決済は以下になります。大手コンビニチェーンでは多くの決済が利用できます。記載した決済方法以外にも利用できるものがあります。

コード決済種類 セブンイレブン ファミリーマート ローソン ミニストップ
LINE Pay
PayPay
メルペイ
楽天ペイ
d払い
au PAY
ゆうちょPay
ALIPAY
WeChat Pay
FamiPay

ドラッグストア

大手4チェーン店で利用可能なコード決済は以下になります。マツモトキヨシで利用できるコード決済が少ないのが気になるところです。

コード決済種類 マツモトキヨシ
どらっぐぱぱす
スギ薬局 ツルハドラッグ
くすりの福太郎
ウェルシア薬局
LINE Pay
PayPay
メルペイ
楽天ペイ
d払い
au PAY
ゆうちょPay
ALIPAY
WeChat Pay

スーパーマーケット

大手スーパーマーケットは利用可能なコード決済が非常に限定的です。「PayPay」の独占といった様相です。利用可能な決済が増えることを期待したいところです。

コード決済種類 マルエツ 西友 ライフ イトーヨーカドー イオン
LINE Pay
PayPay
メルペイ
楽天ペイ
d払い
au PAY
ゆうちょPay
ALIPAY
WeChat Pay

その他利用可能なお店

飲食店でも幅広くスマホ決済ができるようになってきています。その一例を以下に挙げます。

・ファミリーレストラン(ジョナサン、ガスト、バーミヤン、ロイヤルホストなど)
・牛丼チェーン店(吉野家、松屋、すき家など)
・寿司チェーン店(スシロー、くら寿司、かっぱ寿司、はま寿司など)
・ファストフード(ファーストキッチン、フレッシュネスバーガーなど)

チェーン系のカフェや大手ハンバーガーショップなどでの対応が少ないのが気になります。マクドナルドは電子マネーは利用できますが、コード決済の利用ができません。

その他のお店も電子マネーが利用できるお店は多いですが、スマホ決済に対応可能な電子マネーが限定的なため、スマホ決済に十分対応できているとは言い難い状況です。

スマホ決済のメリット

これまで、スマホ決済の使い方や使えるお店などを見てきました。そして、スマホ決済はかなり浸透してきていると感じていただけたと思います。

では、一体どんなメリットがあるでしょうか。

考えられるメリットは、実質的メリット利便性メリットに分けられます。

実質的メリット

実際に恩恵が受けれるメリットのことです。

実質的メリット

・クレジットカードとの連携によるクレジットカードのポイント還元が得られる。
・政府が主導しているキャッシュレス還元事業によるポイント還元が受けられる。
・決済事業者が独自に行っているキャンペーンによるポイント還元率の加算がある。

これらのポイントをためることで、相当な金銭的メリットが発生すると考えられます。政府によるキャッシュレス還元事業は5%のポイント還元のお店もあります。

通常のクレジットカードなどのポイント還元率が0.5%~2%ということを考えると、相当なメリットと言えます。

このポイント還元事業は2020年6月末で終了し、9月から新しい事業が始まります。

新しい事業についてはこちら
マイナポイントってなに?申込方法は?メリット・デメリットを徹底解説!

利便性メリット

利用することで便利になるメリットのことです。

利便性メリット

・スマートフォン1つで決済(支払い・会計)ができるため、財布を出す必要がない
・支払いをする時間が圧倒的に短い
・現金の持ち合わせがなくても支払いができる。(クレジットカードなどと連携の場合)
・還元ポイントをスマートフォンで受け取れる。
(政府のポイント還元事業で還元されるポイントは受取りが必要です)
・スマホ決済可能なお店を利用する限り、現金もクレジットカードも持ち歩く必要がない。

他にも利用の仕方によって、利便性向上が様々な場面で見込まれます。

スマホ決済のデメリット

考えられるデメリットは、

デメリット

・使い始めるには設定などが必要。
・スマートフォンが壊れれば使えなくなる。
・スマートフォンの買い替え時には再び設定が必要になる。

などです。スマホ決済を利用するかしないかは、メリットとデメリットを比較し、自分のライフスタイルやリスクなどを検討し決めればよいかと思います。

紛失に関しては、スマートフォンであろうが、現金であろうが、クレジットカードであろうがリスクは同じと考えられます。

まとめ

電子マネーなどのキャッシュレス決済は普及し、浸透してきています。そして、決済事業者も増えていることから、事業者のサービスも多種多様です。
スマートフォン利用者は、日本国内で7,000万人を超えており、その利便性の高さからキャッシュレス決済の中でも主流になりつつあります。

世界的な動向としてキャッシュレスは高い普及率にあることから、日本もますます進んでいくことが想定され、スマホ決済も普及していくと考えられます。

まだスマホ決済にしてない、という方は是非スマホ決済にチャレンジしてみてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を見た方におすすめの記事
電子マネーとはなにか、種類や特徴をわかりやすく解説!

キャッシュレス決済の仕組みやカード決済との違いなど分かりやすく比較・解説!

マイナポイントってなに?申込方法は?メリット・デメリットを徹底解説!

写真引用元⇒https://www.irasutoya.com/

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください