基本・基礎

クラウドファンディング及びサイトで用いられる基本用語解説

「クラウドファンディング成功百科」への訪問ありがとうございます。

クラウドファンディングを利用するすべての初心者の方にも、可能な限りわかりやすく、説明・解説することをモットーにブログの運営をしています。

基本中の基本、クラウドファンディングの中で使用される用語の解説をします。サイトにより、呼び方、意味合いなどが異なる場合もありますのでご注意ください。

クラウドファンディング全体の解説についてはこちらをご覧ください。

プロジェクト

クラウドファンディングにおける一連の活動、全体を指します。

一般的には、クラウドファンディングサイトに申し込みを行ってから、商品やサービスを提供し終えるまでの一連の活動のことを言います。広義的にとらえれば、クラウドファンディングサイトに申し込みを行う前の準備活動から、すべての活動終了まで全体をプロジェクトと呼ぶことができます。

以下のような活動が含まれます。

・サイトに掲載するための商品紹介ページの作成
・商品紹介のための写真、動画の撮影
・モニターの声の収集
・クラウドファンディング実行の宣伝活動
・SNS等による拡散活動
・商品の製造、配送
・サービスの提供
・活動レポートの投稿
・各種問合せ対応
など

プロジェクト実行者

プロジェクトにより資金調達する行う個人(企業)のこと。プロジェクトを行う上での責任者とも言えます。

プロジェクトを行う上で、資金調達に成功するかしないかは、実行者のプロジェクトの準備と周辺の人たちを巻き込んだチームとしての活動如何によるところが大きいとも言えます。

クラウドファンディングのプロジェクトは、サイトが行うのではなく、実行者が責任をもって取り組む活動です。サイトは、あくまでプロジェクトを知らしめるために利用するプラットフォームであると意識する方が良いです。

実際、アドバイスや審査などを行うが、プロジェクトの成功について、クラウドファンディングサイト側に責任はありません。

サポーター

実行者が行うプロジェクトに資金提供を行う個人(企業)のことであり、プロジェクト成功のための金銭的支援者・応援者のことです。

購入型プロジェクトにおいては、最近では、先行販売や予約販売的な要素があることから、予約購入者として認識を持つ場合もあります。ですが、本来のクラウドファンディングの目的からすると、あくまで支援者・応援者となります。

「マクアケ」においては、応援購入者と呼んでいます。

リターン

クラウドファンディングのプロジェクトにおいて、支援者・応援者に提供する商品やサービスのこと。いわゆる支援・応援してくれた見返りとして提供するもののことを指します。

一般的には、一般に新発売する予定の商品を特別価格、割引価格で提供したり、オプション品を付属したり、割引価格でサービスを提供したりします。

商品やサービスを提供する行為そのものをさす場合もあり、「リターンする」などと使うことが多いです。

リターンについては、別の機会に詳しく説明することとします。

プロジェクトページ

プロジェクト内容を、サポーター・支援者に向けてお知らせする・説明するための商品・サービス紹介用のWebページ(ランディングページ)のことです。

プロジェクトページは、実行者にとっては商品やサービスの内容をサポーターに理解してもらい、支援をしてもうための資料であるため、わかりやすいものにする必要があります。

サポーター側から見れば、どんな内容のプロジェクトなのかを知る唯一の資料であるため、わかりやすいものが求められます。

プロジェクトページの出来はプロジェクトの成功を左右する重要なものであるため、時間をかけてしっかりと作り込むべきものと言えます。

一般的には、クラウドファンディングサイトが独自の規定フォームを用意しているため、実行者はそのフォームに従い、写真・動画・図表・説明文を入力していくことになります。

リターンのためのページもこの中に含まれます。

まとめ

ここでは、クラウドファンディングの中で、使用頻度が高い用語を選び説明しました。これ以外にも、クラウドファンディングはインターネットを使った資金調達手段であることから、一般的に用いられるWeb用語などは普通に使用されます。

一般的なWeb用語の解説はいたしませんので、ご了承ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

クラウドファンディングとは何かについての解説はこちらをお読みお読みいただければと思います。⇒クラウドファンディングとは?初心者目線で解説

 

スポンサーリンク