基本・基礎

クラウドファンディングは副業で行うことができるのか?

にわかにクラウドファンディングに挑戦する人が増えている昨今、果たして、本業に従事している傍らで、副業としてクラウドファンディングは行うことができるのだろうか?と疑問に感じている方のために、実際に副業でクラウドファンディングに挑戦してきた経験を活かし、副業とクラウドファンディングについて解説します。

副業人口の増加

今から(2022年4月現在)4年以上前の2018年1月に、政府が「モデル就業規則」を改訂し、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定を削除しました。これが、いわゆる「副業元年」にあたります。

クラウドソーシングサービス大手の「ランサーズ」が発表した「新・フリーランス実態調査2021-2022」によると、フリーランス人口は1,577万人となり、副業元年と言われる2018年の1,151万人と比べ、400万人以上増加しています。(ここでのフリーランスとは、副業系すきまワーカー・複業系パラレルワーカー・自由業系フリーワーカー・自由業系独立オーナーのことを指します)

このことから、副業及び複業をしている人口も着実に増えているということが伺えます。

人気の副業

オンラインプログラミングスクールの「キラメックス」が行った「副業に関する調査2022」によると、人気の副業は、1位(懸賞・アンケートモニター)、2位(販売接客)、3位(せどり、ネットオークション)となっています。

同調査で副業を始めた理由は、1位(空き時間に副業しやすい)、2位(簡単に始めることができる)、3位(在宅ではじめることができる)となっています。

上記結果に類似した職種そして、始める理由であれば、副業として取り組みやすいと考えられます。

人気副業の3位に「せどり」が挙がっています。せどりとは、既存商品に利益を上乗せして販売するという「物販」の一形態です。「アマゾン転売」とか「メルカリ転売」と聞いたことがある方も多いかと思います。

「せどり」は、アマゾンやメルカリなどのプラットフォームを利用して行われることが一般的で、ほとんどインターネット上で作業が完結するため、副業として、「空き時間に在宅で簡単に」行うことができるため、人気の副業と言えます。

クラウドファンディングは副業でできるのか?

そこで「クラウドファンディング」はどうでしょうか?

「クラウドファンディング」は、購入型(物販型)は、通常の物販のように実店舗で販売をするのではなく、インターネット上で資金調達(販売)をするため、「せどり」と同じように、ほぼ、インターネット上で作業が完結します。

商品の発送もアウトソーシングに依頼すれば、インターネット上のやり取りで完結します。そのため、副業として取り組むことができます

そいて、クラウドファンディングの特性上、プロジェクトが始まるまでの直前準備期間と始まった直後の期間は忙しいですが、残りは比較的ゆとりをもって取り組むことができる特徴があります。

また、短期間に支援を集めるため、売り上げが短期で立つというメリットがあります。

ただ、「せどり」と異なる点は、転売ではないということ、つまり、転売のための商品は、「クラウドファンディング」に出品出来ないということです。自分で開発した商品や日本未発売の海外商品などの販売権利を有している必要があります。

本業をやっている時間はどうすればよいのか?という疑問もあるかもしれません。それは「せどり」も同じです。本業の業務中に副業を行うわけにはいきません。でも、よほどの緊急事態でない限り、昼休憩の時に対応する程度で対応は可能です。

時間的余裕はあるのか?といったことついても、自分で取組める速さで準備を進めるための、余裕を持ったスケジューリングをすることで、無理なく取り組むことが可能です。

複業・兼業・独立準備としての活用は?

すでに、クラウドソーシングなどで、所有しているスキルを提供し、副業している方についてはどうでしょうか?独立の準備として、クラウドファンディングを使った資金調達を計画するのも面白いかもしれません。

店舗開業の資金調達、オンラインサロンの会員募集、独自プラットフォーム開発のための資金調達、新製品開発のための資金調達など活用方法は様々ですので、副業・複業から独立を目指す方にとっても、有効なツールと言えます。

副業・複業を検討する上での参考書籍のご紹介

最近(2022年3月29日)発売された「40代からは稼ぎ口を2つにしなさい 年収アップと自由が手に入る働き方」(坂下仁著・ダイヤモンド社)をご紹介します。

「本書でお伝えするのは、副業が本業に変わるほどのメソッドです」と冒頭から始まる、副業に関する情報満載の「副業選びの教科書」的な1冊です。

・勤め先にバレない副業の始め方
・節約につながるプライベートカンパニー
・3つの世界一安全な副業

など、「バレない」「節約・節税」「安全」、副業を始めるにあたり、最も気になるキーワードを網羅した書籍は、数ある副業本の中でもそうはありません。

・副業を行うべきか迷っている
・副業は何をすればよいかわからない
・副業を始めたばかりの方

まさに、このような方の悩みの核心を突いた書籍で、かつ、相当踏み込んだ内容になっていますので、読者の悩みに応えようとしている著者の本気度が伝わります。

ちなみに、本書の中でも「独占販売権獲得によるクラウドファンディングを使った輸入物販」が紹介されています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク