書籍紹介

裕福な人の特徴そして性格は?『ミリオネアマインド 大金持ちになれる人』

こんにちは。タケルです。今回は、ハーブ・エッカー氏による『ミリオネアマインド 大金持ちになれる人』についてご紹介します。

あなたが今まで読んだお金に関する本の中で最も重要な1冊!

前書きの部分にいきなりこのタイトルが書かれており、「なぜ、お金持ちになることが運命づけられている人がいる一方、悪戦苦闘の人生から抜け出せない人がいるのか」この謎の部分を解き明かす本であると力強く言っています。

ハーブ・エッカー氏は「口ではお金持ちになりたいと言いながら、心の深層では金持ちになることを恐れていた」ということに気づき、「お金持ちになれる人とお金に縁のない人とは思考回路が違うんだ」という大金持ちの友人の言葉から自分の人生を変えていったそうです。

お金の設計図が決め手

『お金の設計図』とはお金に関してどんな思い入れが心、そして潜在意識に刻まれているかを示した図のことです。つまり、お金を使うときにどう考え、どう行動するかは「誰かから教えられたこと」であり、それを身につけてしまっています。

そして、それはコンピュタ-のプログラムと同様、お金との付き合い方を指示しており、さらに無意識のうちに我々はこの指示に従って動いているということになります。本当にこの通りならば、潜在意識下にあるお金に関するプログラムを換えなければお金持ちにはなれないでしょう。

本書では我々の頭の中にあるこの潜在領域のプログラムを換えていくための手法を『17のミリオネアマインド』として『お金の設計図』を書き換えるすべを我々に提供してくれています。

成功の道

『17のミリオネアマインド』の中から、私の心に残ったいくつかをご紹介します。

チャンスに注目する

人はあらゆる場面で起こった自分にとって都合の良いことや運が良かった出来事を偶然の出来事としてスルーしてしまうことが多いのではないでしょうか。しかし、それは偶然ではなく自分自身が引き寄せたもの。あるいは、チャンス到来。と考えるようにしてはどうでしょうか。

 チャンスを掴む人のイラスト(男性)

恐怖に負けず行動する

お金持ちになりたいと思う人は数えきれないほどたくさんいます。しかし、多くの人が恐怖心から行動できていないのが現状ではないでしょうか。「すぐに行動を起こさなければならない」ことはわかっていても、望ましくない結果を想像してしまい動けなくなってしうと考えてしまいます。

ハーブエッカー氏は「成功を手にするのに、必ずしも恐怖を排除する必要はない」と言っており、「たとえ何があっても前に進めるようになることが重要である」としています。

お金持ちは恐怖にかられながらも行動しようとし、お金に縁のない人は恐怖を感じると意気消沈してしまいます。ここに決定的なマインドの違いがあるのでしょう。ハーブエッカー氏曰く、『安易な道に逃げると、人生は困難になる。困難に立ち向かう人に、道は拓ける』とのことです。

なんでも学ぼうと思う

そのコツは「常に学び続けるだけでなく、先駆者から何かを学ぼうとする」です。成功者が行ってきたことと同じことを行うことが近道です。

ハーブエッカー氏が違うのは「まず人間性、次に行動力、最後にお金」、「最高の収入を得るには最高の人材であらねばならない」と言っていることです。つまり、人間性を真っ先に磨きましょうということです。

『ミリオネアマインド』をしっかりと一つ一つ身に着けることが大金持ちへの近道だと言っています。

まとめ

最後に一番私のマインドに響いたハーブエッカー氏の言葉をご紹介します。

『成功は努力して身につけることができる技術である』

お金持ちになりたいと考えている方は、少しずつ簡単なことでもいいので、ハーブエッカー氏の言葉を信じて行動に移してみてください。

また、興味を持った方・もっと詳細を知りたい方はぜひ一度手に取ってみてください。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

この記事を見た方におすすめの記事
お金持ちは本当に幸せなのか?『一瞬で人生を変えるお金の秘密 Happy Money』

子どものマネー教育を考えたらこの1冊!『お金の天才の育て方』

写真引用元⇒https://www.irasutoya.com/

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください