書籍紹介

人生の成功者の特徴が満載!『大富豪がわが子に伝える秘密の法則』

こんにちは。タケルです。今回は、アメリカのライフコートであるスティーブ・シーボルドの「大富豪がわが子に伝える秘密の法則」を紹介します。

お金持ちはどんな考え(思考)なのか?

主として、「お金」「失敗」「仕事」「お金持ち」「家庭」そして「自分」についての考え(思考法)が述べられています。各言葉について著者の考えを要約すると以下になります。

お金持ちの思考

・「お金」は決して邪悪なものではない。稼ぐことに集中しなさい。上手に投資し、貯蓄しなさい。

・「失敗」大いに歓迎し、前向きに捉えることで成功への道筋の一部にもなり、経済的成功を収める過程で経験する失敗は知的財産となる。

大好きな仕事を見つけることを最優先課題にし、仕事に専念して経済的成功を修めなさい。

・「お金持ち」になるには、世の中(社会)が抱える多くの問題の解決策を先進的なアイデアによって見い出し、世の中を改善するために仕事をすべきである。

常に「家庭を優先し、野心は二番目にする。あなたをヒーローと見なしてくれるひとが完璧なパートナーである。

・「自分」と他人の価値は等しい。一流の信念を持ち、夢を描き、ワクワクし、人物像を考え、決断して王者として生きなさい。

勝つための準備

勝つための準備とは自分の心構え行動に分けられます。

著者の言う心構えとは、精神力を鍛える。自分を律する。ハングリー精神を持つ。恐怖に立ち向かう。世の中の問題に対する解決策を見つけるために戦う覚悟をもつ。苦難を歓迎する。など。

行動とは、旅行などを通じ自分の世界観を広げる。特定分野について、狭く深く理解し、戦略的優位に立つ。成功者とつきあい、成功者の考えなどを理解する。など。

承認欲求を抑制する

著者は常に正しいことをしなさいと言っています。その正しいこととは。

ビジョンを実現するために課題に意識を集中する。過去の経験を活用する。聞き上手となる。時間術をマスターする。威張ってはいけない。果敢に挑戦を続ける。などです。

上記のようなことを実践することで、他の人の信頼を得、健全な人間関係を築き、さらには自分の忍耐力、理解力、自制心を培うことができます。つまり、承認欲求を前面に出すのではなく、自制し、信頼を勝ち取り、他の人から認められるようになれと言うことです。

品格を備える

お金持ちとしての品格を備えなさいと言うことですが、著者の考えるお金持ちとしての品格は以下になります。

新しいアイデアと機会のためにつねに心を開くこと。気品のある態度をとる。言動に気品があれば大きな影響力を持つことができる。好奇心を持ち、学び続ける。自分が言ったことは必ず実行する。自分の人生に責任を持つ。などです。

月並みな表現になるかもしれませんが、簡単に言えば、品格とは、自分に厳しくあり、学ぶと言う姿勢のことと言えるのではないでしょうか。

強さが求められる

お金持ちになるためには孤独に耐える強さが必要である。本の中で、「7つの習慣」で有名なスティーブン・コヴィーの言葉を引用していますが、それは、『自分の優先順位を決め、優先順位の低い人たちには罪悪感をもたずに、明るい笑顔で「ノー」と言う勇気をもたなければならない。』と言うものです。

また、脳を酷使した後の孤独は脳に休息を与えるため、大切なことに対処するための時間を確保するのに必要である。と言うことも著者は言っています。

上記のことから、孤独を活用して成果をあげる強さがお金持ちには必要と言うことだと思います。

まとめ

成功を収め、お金持ちになりたいと考え、思い、欲望、野望を抱いている方も多いと思いますが、この本を通して感じたお金持ちの資質というのは、目まぐるしく変化し続ける世の中(社会)にあって、その変化が生み出す問題を解決する方法を考え、解決するための商品やサービスを社会に提供するチャンスを捉え、活かす能力であると思います。

そのための思考法や行動すべきことをまとめた本です。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を見た方におすすめの記事
裕福な人の特徴そして性格は?『ミリオネアマインド 大金持ちになれる人』

海外と日本の教育の違いは?『経営者を育てるハワイの親・労働者を育てる日本の親』

写真引用元⇒https://www.canva.com/

※内容は予告なく変更される場合があり、正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください

RELATED POST